おはようございます凪旺です!

今日は12月15日。



■観光バス記念日

 大正14年(1925年)に、日本初の定期観光バスである「ユーランバス」の運行が 東京乗合自動車 により開始された事に因んで制定されました。

定期観光バスとしては日本初でしたが、路線バス扱いであり、途中から乗車した場合の運賃も定められていたそうです。
当初の運行ルートは「皇居前~銀座~上野」。
その後、経営不振により東京乗合自動車の遊覧自動車事業は一旦休止に追い込まれましたが、 新日本観光株式会社(現:株式会社はとバス) に譲渡され再開されました。

日本のバス事業の始まりには諸説ありますが、明治36年(1903年)9月20日に二井商会という会社が京都市内で始めたのが最初とされています。
最初のバスは、蒸気自動車を改造したもので6人乗り、風雨や砂ぼこりなどを防ぐための幌(屋根の事)もありませんでした。
この事業の始まりを記念して、9月20日は”バスの日”と制定されています。

当時はまだ馬車や人力車が主流だったためいまいちバスの利点が広まっていませんでしたが、1923年の関東大震災が起きたことをきっかけに改めて見直されることとなり、徐々に庶民の足として普及し、2年後には観光バスが登場しました。
庶民の娯楽として長く楽しまれてきた「ユーランバス」でしたが、戦争が始まったことが影響して、昭和15年(1940年)9月18日に運行が終了となりました。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です