おはようございます凪旺です!

今日は1月17日。



■おむすびの日

 平成12年(2000年)に、兵庫県に事務局を置く「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」により制定されました。
その後、平成30年(2018年)に、東京都に事務局を置く公益社団法人「米穀安定供給確保支援機構」が活動を引き継ぎました。

平成7年(1995年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災で、被災地に「おむすび」が届けられた温かい心の象徴として記念日とされました。
米の重要性と炊き出しボランティアの善意を広める活動を行っているそうです。

これは、ごはんの「おむすび」だけでなく、人と人との心を結ぶ「おむすび」の日。
人が結んだ(握った)「おむすび」で人と人が結ばれるなんて、とてもロマンチックで素敵ですね。

因みに、「おむすび」と「おにぎり」を広辞苑で引いてみると違いはなく、どちらも同じものを指しています。
意味で言うと「握りめし」も同じですね。
呼び方については地域差はあるようで、通説では東日本では「おにぎり」、西日本では「おむすび」とされる事が多いようです。
難しいですね。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です