おはようございます凪旺です!

今日は1月21日。



■スイートピーの日

 平成29年(2017年)に、全国の花の生産者・生花店・園芸店などで構成する 日本スイートピーの会 により制定されました。

主に女性に好まれる「春の花」の代名詞ともいえるスイートピーを、より多くの人に楽しんでもらうことが目的です。
日付は、実はこの時期が一年で一番香りが豊かで綺麗に輝く事と、よく見ると分かるのですが、花弁が左右対称で3種類の花びらからなっており、それぞれが1枚、2枚、1枚ある事に由来します。
3種類の花びらとは、旗弁翼弁舟弁の事です。
是非間近で見る機会がありましたらよく観察してみてください。

スイートピーはマメ科レンリソウ属の植物で、和名では、ジャコウエンドウ(麝香豌豆)やカオリエンドウ(香豌豆)、ジャコウレンリソウ(麝香連理草)などと呼ばれています。
因みに私は聞いた事はありません。
イタリアのシシリー島原産の一年草で、日本では主に観賞用として栽培されていますね。
ご存知の通り色によって異なりますが、スイートピーの花言葉は「門出」「旅立ち」「思い出」「別離」とされています。

松田聖子さんの楽曲「赤いスイートピー」がヒットした事で、スイートピーの日本国内での認知度はとても高まりました。
この楽曲は昭和57年(1982年)の今日リリースされており、「スイートピーの日」と一致しています。
また、楽曲「赤いスイートピー」が発売された当時、赤い色のスイートピーはまだなく、曲がヒットした事をきっかけに品種改良されたと言われています。
とてつもない影響力ですね。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です