おはようございます凪旺です!

今日は2月11日。



■仁丹の日

 大阪府大阪市中央区に本社を置き、口中清涼剤「仁丹」を製造・販売している 森下仁丹株式会社 により、創業日と「仁丹」の発売日に因んで制定されました。

森下仁丹は明治26年(1893年)創業で、100年以上の長きにわたり医薬品や健康食品などを手がけてきた、日本を代表する医薬品メーカーの一つです。
仁丹は瓶入りのものをイメージしやすいかと思いますが、実はケースや詰め替え用が販売されています。



梅仁丹のど飴と言うものもあり、11種類のハーブエキスとビタミンCも配合したのど飴になっています。

「仁丹」は、桂皮(シナニッケイの樹皮)や薄荷脳(メントール)など、16種類の生薬を配合して丸め、銀箔(発売当初から戦前まではベンガラ)でコーティングした丸薬の事です。
凄いことに医薬部外品です。
創業者・森下博は、「飲みやすく、携帯・保存に便利な薬を作りたい」という想いで「仁丹」を開発しました。
私は飲んだ事(食べた事?)はありませんが、爽やかな清涼感で口がすっきり、気分がリフレッシュするそうです。
気分不快、口臭、二日酔いなどに効果があります。

同社は他にも、ビフィズス菌(ロンガム種)で腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があるヘルスエイド「ビフィーナS」なども製造・販売しています。

どうでもいいことですが、アラザンに似てますよね。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です