おはようございます凪旺です!

今日は3月12日。



■だがしの日

 平成27年(2015年)に、岡山県瀬戸内市に事務局を置き、全国の駄菓子メーカーなどで結成された DAGASHIで世界を笑顔にする会 により制定されました。

お菓子の神様・菓祖として知られる田道間守(たじまもり)公を祀る和歌山県海南市の橘本(きつもと)神社の前山和範宮司の提唱により、田道間守公の命日とされるこの日になりました。
日本の精神・文化が凝縮された駄菓子業界の活性化と、DAGASHIを世界平和のキーワードとして世界中の人々に知ってもらうことが目的です。

漢字で「駄菓子の日」ではなく平仮名で「だがしの日」なのは、子どもたちにも分かりやすくとの大人の配慮なのだそうです。
駄菓子と言えば子供のイメージがありますよね。
そんな、駄菓子がどこにでも売っていた時代の子供たちが大人になり制定するにあたって、やはり子供にも対象を向けたのだと思うと感慨深いですね。
この日には、同会の主催によりゲームをして駄菓子が貰えるイベントなどが開催されているようです。

『日本書紀』『古事記』の説話に基づいて田道間守を菓子の神・菓祖とする信仰があり、兵庫県豊岡市の中嶋(なかしま)神社では「田道間守命」(たじまもりのみこと)の神名で菓子神として祀っています。
この中嶋神社の分霊は、福岡県太宰府市の太宰府天満宮、京都府京都市の吉田神社など全国各地で祀られ、菓子業者の信仰を集めています。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です