おはようございます凪旺です!

今日は3月15日。



■靴の日・靴の記念日

 明治3年(1870年)に、実業家・西村勝三が、東京・築地入船町に日本初の西洋靴の工場伊勢勝造靴場を開設した事に因んで制定されました。

約60年後の昭和7年(1932年)に 日本靴連盟 が制定しました。
ヨーロッパの洋靴「西洋草履」が日本に入って来たのは幕末でしたが、日本人の足には合いにくいものでした。
伊勢勝造靴場は、日本陸軍の創始者・大村益次郎の提案によるもので、輸入された軍靴が大きすぎたため、日本人の足に合う靴を作るために開設されました。
造靴場のあった東京都中央区入船三丁目には「靴業発祥の地」の記念碑が同連盟により建てられています。

碑文にある「兵部大輔」(ひょうぶたいふ)とは、かつて日本にあった軍政(国防)を司る行政機関「兵部省」の官職で、今の次官に相当します。
どのくらい偉いのかと言うと、各府省において官僚が就く一般職の職員うち最高の地位で、事務方の長と言われています。
国務大臣の次、ではありますが、国家公務員の最高職と言う事で、相当の地位なのは分かりますね。

先に挙げた大村益次郎が初代の兵部大輔を務めました。
また、碑文には伊勢勝造靴場のあったが日本における製靴産業の原点であると記されています。

更に、平成24年(2012年)にアメリカの世界的なスポーツシューズメーカー・ニューバランスの日本での展開を行う株式会社ニューバランスジャパンが「会いに、走れ。」記念日と言うものを制定しています。
卒業や就職など、別れと旅立ちと出会いのある3月中旬、大切な人を思い出し、走って会いに行く決意を促そうと記念としたそうです。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です