こんにちは、稲野です。
皆さんは体重計を持っていますか?持っていなくてもほぼ全員が体重計に乗ったことがあるかと思います。
その体重計も近年は進化して、体脂肪率が測れたりしますよね。
でも冷静に考えてください。どうやって体脂肪が測れるのか、と。
人間には筋肉や血液などいろいろあるにも関わらず体脂肪が測れる、そのメカニズムをご紹介します。

|体脂肪率を測るメカニズム

まず結論から言うと「電気」によって測っています。
この電気は物凄く微弱な電気で人間が感じ取ることはできません。
人間の体の大部分は水分を多く含んでいます。なので電気が通るんですが、脂肪は電気が非常に通りづらいのです。
体重計の乗る部分は銀色であることもうなずけますよね。

|BI法について

この体重計ですが、BI法というのが使われています。
日本語では「生体インピーダンス(Bioelectrical Impedance)法」と呼ばれるBI法は先ほど説明した通り微弱な電気を流し、抵抗値を計測して体脂肪率や筋肉率などの体組成を推定する、という方法です。
インピーダンスとは、簡単に言えば「抵抗値」みたいな意味だと思ってくだされば大丈夫かと思います。
つまり電気抵抗値が高ければ高いほど、脂肪が多いというわけです。

|まとめ

電気を感じることはできないので、電気を使っているというのは知らない方も多かったのではないでしょうか。
これから先は何が測れるようになるのか、楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です