おはようございます凪旺です!

今日は4月17日。



■恐竜の日

 大正12年(1923年)に、アメリカの動物学者ロイ・チャップマン・アンドリュースがゴビ砂漠へ向けて北京を出発し、探検中に、恐竜の卵の化石(25個)を世界で初めて発見した事に因んで制定されました。

探索は5年間におよびました。
彼はかつてゴビ砂漠が植物で生い茂った平野であり、大きな湖があったことを証明しました。
これらの発見により、その後の本格的な恐竜研究の始まりとなったのだそうです。

Wikipediaのアンドリュースの頁では、4月17日についての情報はないのですが、1923年6月13日に探検隊は世界で初めて恐竜の卵の化石を発見した、との情報があります。
その卵の化石は、当初は角竜類のプロトケラトプスのものだと考えられていたのですが、平成7年(1995年)に、獣脚類のオヴィラプトルのものであると同定されました。

日本で恐竜と言えばやはりフクイサウルスでしょうか。
こちらは平成15年(2003年)に、”フクイサウルス・テトリエンシス”として正式に命名されました。
福井県勝山市で発掘された鳥脚類なのですが、実は他にも獣脚類のフクイラプトルと竜脚類のフクイティタンも発掘されています。

個人的には恐竜と言えばスピノサウルスとパラサウロロフスが好きですが、皆さんはどの子が好きですか?



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です