おはようございます凪旺です!

今日は4月28日。



■象の日

 享保14年(1729年)に、交趾国(現在のベトナム)からの献上品として清の商人が象を連れてきて、京都で中御門天皇の御前で披露された事に因んで制定されました。

象は最初、長崎港に到着したのですが、なんと江戸まで徒歩で連れて行かれました。
江戸では約1ヵ月後の5月27日に、8代将軍徳川吉宗が御覧になりました。
翌享保15年(1730年)6月、幕府から「御用済み」を申し渡されるが引き取り手がなく、庭園があった浜御殿(浜離宮)で飼われました。
たった1年で御用済みとは可哀そうですよね。

しかし飼っている間は、やはり相当な飼育費がかかったと言います。
それもそうですよね。
象のエサ代は現在で年間約550万円程するので、当時は大変な額だったと考えられますね。

その後、寛保元年(1741年)4月、中野村の源助に下げ渡され、見世物になりました。
今まで見たことないであろう江戸っ子たちは、象の巨体にはさぞ驚いたことでしょうね。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です