稲野です。
太平洋と大西洋は知っていますよね。どちらもとても大きい海です。
それにも関わらず太平洋は「太い」大西洋は「大きい」という字を書きますがこの理由を知っていますか?
知っている方もいるかと思いますが、その理由を知らなかった方は改めて知っておきましょう!
また知っている人は、より詳しい知識を身につけていきましょう!

 

|太平洋は英名から

 

太平洋は英語にすると「Pacific Ocean(平和な海)」となります。
16世紀のポルトガルの冒険家、世界一周を始めて成し遂げたマゼランが太平洋を渡った際、ラテン語で『マーレ・パシフィカム(Mare Pacificum)』(マーレが海、パシフィカムが平和)と名付けたところからPacific Oceanとなったのです。
太平洋の「太平」は平和で穏やかという意味です。天下太平という言葉でも使われますよね。太平洋の「洋」は大きな海という意味です。
その二つを組み合わせて太平洋になるわけです。

 

|大西洋も英名から

 

なんと大西洋も英名から来ています。大西洋は英語にすると「Atlantic Ocean(アトラスの海、もしくはアトランティスの海)」です。
アトラスはギリシャ神話の巨人の神、アトランティスは古代ギリシャの書に登場する伝説上の都のアトランティスから来ています。
最有力な説はアトラスがゼウスの名に背き、世界の西の果てに追いやられます。そして天空を両肩で支えるよう、命じられました。その際、アトラスが踏みしめた大地がアフリカ大陸の北西部の山地だったので、そこがアトラス山脈と言われるようになりました。そのアトラス山脈に接する海ということで 「Atlantic Ocean」 と呼ばれるようになりました。
一番最初にこれを「大西洋」と漢字におこしたのは中国で、イタリア人の宣教師、マテオ・リッチが現在の中国を訪れた際、漢字による世界地図を作りました。しかしAtlantic Oceanを漢字とするのは難しい上に、アトラスなどのギリシャ神話の文化が浅いところから「ヨーロッパ大陸の西にある大きな海」という意味の「大西洋」としました。「洋」は同じく大きな海という意味です。

 

|まとめ

 
これを機に正しく漢字で書けるようになるといいなと思います。
皆も身近なものに目を向けていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です