おはようございます凪旺です!

今日は5月22日。



■ うなぎの未来を考える日

 平成31年(2019年)に、 株式会社鮒忠 (ふなちゅう)が提唱する「うなぎの未来を考える日」普及推進委員会により制定されました。

平成21年(2009年)のこの日に、マリアナ諸島付近にて、世界で初めて天然ニホンウナギの卵を採取することに成功し、うなぎの完全養殖化への道が開けたことに因んでいます。
限りある天然資源であるうなぎを絶滅から守り、うなぎの生態と正しい食文化を広めて後世に残すことが目的です。

制定した鮒忠は、東京都台東区浅草に本社を置き、レストラン・フランチャイズ・食品加工販売などの事業を展開しています。
同社の創業者・根本忠雄は「焼き鳥の父」と呼ばれており、同社は8月10日を「焼き鳥の日」とも制定しています。

日本では主にニホンウナギで蒲焼や鰻丼などの調理方法が考案され、ウナギは古くから日本の食文化に深い関わりを持つ魚です。
漁業・養殖ともに日本では広く行われてきましたが、現在商業化されている「養殖ウナギ」は実は天然稚魚を育てたものなのです。

平成22年(2010年)、水産総合研究センターが受精卵から人工孵化したウナギを親ウナギに成長させ、さらに次の世代の稚魚を誕生させるという完全養殖に世界で初めて成功したと発表されました。
その後、孵化直後の稚魚の餌など様々な問題を解決してきたが、完全養殖の商業化についてはコスト面で課題が残されているという現状もあります。



さて、明日は一体何の日でしょうか?

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です