雨がたくさん降る、梅雨の時期がやってきました。

一つの疑問として、梅の時期が過ぎているにも関わらず、なぜ梅雨には「梅」という漢字が使われるのでしょうか。

 

|由来は諸説ある

 

中国から伝来した梅雨という漢字ですが、梅という字が使われるようになったのには諸説あり、

・梅の実が熟す時期であることから

・黴ができやすいことから「黴雨(ばいう)」とした(「黴菌」の黴)が、黴というのはあまりよくないと思い、梅という漢字を当てた

・毎日雨が降ることから「毎」の入る漢字が使われた

というのが一般的です。

普段より倍以上雨が降ることから「倍雨(ばいう)」という説もありますが、これはこじつけで、由来ではありません。

ちなみに、梅雨にはほかにも五月に雨が降ることから「五月雨(さみだれ)」、麦がよく実ることから「麦雨(ばくう)」とも呼ばれます。

 

|「梅雨」と書いて「つゆ」と読む

 

「梅雨」と書いて「つゆ」と読むようになったのは江戸時代と言われています。

由来ですが、露(つゆ)が最も有力な説とされていますが、はっきりとした由来は見つかっておりません。

 

これからの時期、おいしい梅でもいただきながら梅雨を過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です